Importance of Calibration - Honeywell Analytics

触媒センサーに最もよくある不具合は、特定の毒性物質にさらされることによる性能低下です。このため、すべてのガス監視システムは設置時の校正だけでなく、定期的にチェックして必要に応じて校正することが重要です。チェックには正確に校正された標準的なガス混合物を使用し、コントローラでゼロレベルと「スパン」レベルを正しく設定できるようにする必要があります。

可燃性ガス検知器の校正(%LEL)の法的要件および有毒ガス検知器の校正に関するガイダンスについては、EN 60079-29-2 などの実施規範の記述を参照してください(注:有毒ガス検知器には校正の法的要件が適用される予定です)。通常、使い始めは毎週チェックを行い、操作に慣れるに従ってチェックの間隔を長くします。2 つの警告レベルが必要な場合、通常は下位レベルを 20 ~ 25% LEL の間、上位レベルを 50 ~ 55% LEL の間に設定します。

旧型(および低価格の)システムではチェックと校正を 2 人で行い、1 人はセンサーをガスの流れに触れさせて、もう 1 人はコントロールユニットの目盛りに表示される測定値を確認します。次に、ゼロおよびスパンポテンショメーターをコントローラで調整して、測定値がガス混合物の濃度と正確に一致するようにします。

耐炎性の筐体の内部で調整を行う必要がある場合は、先に電源を切り、筐体を開く許可を取得する必要があります。現在は 1 人で操作できる校正システムが多数あり、校正をセンサー自体で行うことができます。これにより、特に海上にある油田/ガス田採掘プラットフォームなどセンサーに到達しにくい場所で、メンテナンスの時間とコストを大幅に削減できます。また、本質安全基準に準拠するよう設計されたセンサーも提供されており、これらのセンサーでは現地から離れた都合の良い場所(たとえばメンテナンス拠点など)でセンサーを校正できます。これらのセンサーは本質安全基準に準拠しているため、最初にシステムをシャットダウンすることなく、交換が必要なセンサーと現場で自由に交換できます。

このように「稼働中」のシステムで従来型システムより時間とコストを節約してメンテナンスを実行できます。