Portable Gas Detectors - Honeywell Analytics

可燃性ガスと有毒ガスの検知器には、通常、「スポット計測」検知器などのポータブル型と、恒久的に固定されて監視する「固定式」の 2 種類があります。特定の用途に対してどちらのタイプが適切かどうかは、その場所に作業員が出入りする頻度、現場の条件、危険が恒常的か一時的か、必要なテストの頻度、予算の上限などによって異なります。

ポータブルガス検知器は、個人をガスの危険から保護し、現場に入る前にその場所の移動試験を行える、個人保護用装置(PPE)に分類されます。このような小型装置は、作業員の静止または移動中に呼吸ゾーンの監視を継続できる唯一の手段なので、ガス発生の可能性がある多くの領域で欠かせません。

固定式ガス検知器の場合、それ自体で個人保護用にも機能しますが、作業員とともに移動できないので、固定式検知器の検知範囲を超える場所に作業員が移動する可能性もあります。

多くの現場では固定式とポータブル型の検知器が併用されていますが、場合によりポータブルガス検知器が主に使われます。その理由には次が含まれます。

  • その領域では人の出入りがそれほど頻繁でない場合、固定式ガス検知器を追加する方が高コストになる。
  • その領域が狭い、または入るのが難しく、固定式ガス検知器の設置は非実用的である。
  • 検知器を必要とする用途が変動する。

見直しが相次ぐ法令や規制への遵守と保険加入条件の進展により、ポータブル型ガス検知器の利用が多くの産業分野に普及しています。多くの作業現場には「安全性を強化する」意識の高まりがあり、ポータブルガス検知器を現場で活用することはその取り組みの一手段となっています。法制化により義務付けられた規制に加えて、多くの現場では使用前に毎回ポータブルガス検知器のバンプテストを実施するなど、固有の規則を採用しています。