Oxygen Deficiency - Honeywell Analytics 人間は生きるために空気中の酸素(O2)を吸う必要があります。空気には、酸素など各種の気体が含まれています。通常の大気中に含まれる酸素の濃度は 20.9% v/v です。酸素濃度が 19.5% v/v を下回る大気は、酸素欠乏とみなされます。酸素濃度が 16% v/v を下回ると、人間にとって危険なレベルです。

酸素欠乏は以下の原因によって発生します。

• 置換
• 燃焼
• 酸化
• 化学反応
• 微生物作用

見過ごされがちですが、酸素富化もリスク要因になります。O2 レベルが増加すると、物質とガスの可燃性が高まります。24 % のレベルになると、衣服などが自然発火することがあります。酸化アセチレン溶接装置では、酸素とアセチレンガスが結合して極端な高温が発生します。酸素富化の大気によって危険が発生するおそれのある領域には、ロケット推進システムを格納する工場内の領域、製紙産業の漂白に使用される製品、浄水処理施設などがあります。センサーには、酸素富化大気で使用するための認定を受けた専用センサーが必要です。