Interesting Facts About Gas - Honeywell Analytics ガスという言葉は、1650 年から 60 年にかけてフランドルの化学者、J.B. van Helmont(1577~1644)によって生み出された。カオスを表すギリシャ語に由来している。

水素は地球上で最も軽く豊富で爆発しやすいガスである。

ラドンの原子量は 222 AMU で、認知されている気体の中で最も重い。その重さは最軽量の水素の 220 倍に当たる。

酸素濃度が高いと物質とガスの可燃性が上昇し、24% で衣服のような素材は自然発火する。

危険はガス以外にも潜んでおり、埃も爆発する可能性がある。爆発しやすい埃には、ポリスチレン、コーンスターチ、鉄などがある。

可燃性ガスの自己発火温度は、外部の火花や火炎なしに発火が起こる温度である。

有機物の分解から硫化水素の腐敗した卵のような臭いを感じる場合、その濃度は 1 ppm ほどしかない。1,000 ppm の硫化水素は十分な致死濃度になる。

フッ素は最も反応しやすく最も電気陰性の元素で、フッ素元素は危険なほど強力なオキシダントでもある。これによりフッ素とクリプトン、キセノン、ラドンなどの希ガスを含む大半の元素との直接反応が起きる。

キセノンは、地球の大気中で最も稀な非放射性のガス状元素である。

その大気中の濃度は 90 ppb(ppb は十億分の 1)。地球上の自然の大気中には、合計で 17 種類のガスが認められる。酸素と窒素がそれぞれ 20.9476% と 78.084% の濃度で大半を占める。

海中から湧き出す硫化水素は、2 億 5 千万年前に動植物を絶滅させた原因とも考えられている。

ATEX 指令(フランス語の ATmospheres EXplosibles の略)には、雇用者と製造業者の両方を対象とする爆発性雰囲気に関する最小限の安全基準が規定されている。

太陽系最大のガス惑星、木星には約 90% の水素と 10% のヘリウムが含まれている。事実、その組成は原始太陽系星雲(太陽系の元になった星雲)に非常に近い。