Selecting Right Gas Detection Solution - Honeywell Analytics 市場には数多くのガス検知器製品が提供されており、どれも大差なく見えるかもしれませんが、製品の仕様、機能、特長をよく見ると、製品の機能性や潜在的な価値に大きな差があることがわかります。同様に各製品の用途にも、それぞれの設計、ニーズ、実施されるプロセスの面で特色があります。

現場のリスクの把握

どのガス検知器を採用するか検討する前に、リスク評価を行う必要があります。従業員を雇用するすべての企業には、リスク評価を実施して危険の可能性を把握する義務があります。リスクには、ガス、蒸気、酸素欠乏のリスクなどが含まれます。ガスの危険性が認識される場合、リスク削減の対策としてガス検知が必要です。

主な目的の特定

どのようなプロセスを実施してどのガスを検知するかに応じて、リモートまたはオフサイトのアラーム通知、およびイベントデータログ/レポートの機能が、衛生安全管理記録のために必要になる場合があります。高度なレポート機能の必要性を左右する要素には、法令順守や保険の条件などもあります。

正しい選択基準の検討

主な目的を特定したら、適切な検知器を選ぶための重要な選択基準について検討します。選択基準は 3 つのカテゴリに分けられます。

• 検知対象のガスの種類とそれらの発生元
• ガス検知の実施場所と環境条件
• 操作員と定期保守作業員にとっての操作のしやすさ

検知対象のガスの種類とそれらの発生元の特定

検知対象のガスはリスク評価によって特定される必要がありますが、実績あるガス検知器メーカーとその正規販売代理店は、多くの場合、類似用途の過去の経験と実績に基づいて、評価プロセスに協力できます。ただし、すべての危険の可能性はあくまでもエンドユーザーの責任において把握される必要があります。

さらに、潜在的なガス発生源を特定することも重要です。これにより、固定式のガス検知システムに必要な検知器の個数と設置場所を的確に決められます。

環境条件の検討

あらゆるガス検知器の性能、精度、信頼性は、その検知器が置かれる環境条件に左右されます。設置場所の温度、湿度、気圧レベルは、いずれも選択する検知器の種類に直接影響を及ぼします。製造プロセス自体、昼夜の変動、季節ごとの変化などによる変動といったその他の要素も、最適な検知器の種類に影響します。

製品の機能性の理解

さらに別の検討対象は、その他の製品機能に関係します。特に既存の用途に組み込む場合、配線の構成などの面が重要です。装置を別の安全システムと統合する場合は、HART®、LonWorks、Modbus® などの通信プロトコルが必要な場合もあります。

トランスミッタユニットのローカルのディスプレイが必要かに関しても検討する必要があり、ユニットとガスディスプレイのローカル構成を追加すると便利な場合があります。

操作員と定期保守作業員にとっての使いやすさの評価

定期保守も、重要な検討基準です。
ガスおよび蒸気によっては、各種の異なる検知テクノロジーによって検知され、たとえば炭化水素ガスは耐毒性接触燃焼式または非分散型赤外線(NDIR)によって検知されます。接触燃焼式にはフェイルセーフ機構がないので頻繁な定期メンテナンスが必要になります。一方、NDIRベースの検知ソリューションは初期投資価格が高額ですが、必要な保守メンテナンスは少なくて済みます。このような定期メンテナンスの実施に必要なリソースが社内で足りるかも必ず把握し、リソースを社外に依頼する場合はそのメンテナンス予算も検知器を選択する際の重要な要素になります。